除染への取組

DOWAエコシステムは、農研機構農村工学研究所と共同で福島県内にてホットスポット圏内の水田における除染工法の開発と実証試験に取組んでいます。


除染工法「土壌攪拌工法」

この除染工法「土壌攪拌工法」は、当社が重金属土壌汚染土壌対策として事業化している「土壌洗浄分級工法」を改良して開発したものです。

「土壌攪拌工法」は、水田内の細粒部分に濃縮した放射性Csを選択的に取り出す工法で、水田内の放射性Cs濃度を低減することにより、作物への放射性Csの移行を低減させるという取組みです。

2011年度の実証試験では、最高で80%の放射性セシウムの除去が可能となる事が実証されました。

土壌攪拌工法

内閣府のインターネットテレビ 「食品中の放射性物質対策」において、紹介されています。

このページのトップへ