サービス

エコシステム小坂では、使用済み自動車のシュレッダーダストをはじめとする様々な廃棄物の焼却処理を行い、残さから金属類を回収し、再資源化しています。

また、焼却処理の過程で発生する蒸気を回収し、エネルギーとして有効活用しています。

取扱品、処理能力

自動車シュレッダーダストなど、可燃物と金属類が混合している廃棄物を主に受入れ、製錬原料となる金属と熱エネルギーの回収を行っています。

取扱品

・産業廃棄物 廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残渣、ゴムくず、金属くず、ガラス・コンクリート及び   陶磁器くず、廃自動車廃棄物
・一般廃棄物 廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残渣
・PCB廃棄物 低濃度PCB汚染物(廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、汚泥、金属くず、陶磁器・コンクリートくず)

許可内容詳細

処理能力

流動床式焼却炉  101.5t/日×2炉

処理の流れ

契約、運搬・受入れ

適切な運搬・処理方法をご提案するため、廃棄物の分析結果や実サンプルをいただき、事前評価を行ってお見積を提示します。
エコシステム小坂までの運搬はトラック輸送のほか、専用コンテナを利用した鉄道輸送も行っており、ご要望に応じて手配します。

焼却処理

適切な運搬・処理方法をご提案するため、廃棄物の分析結果や実サンプルをいただき、事前評価を行ってお見積を提示します。
エコシステム小坂までの運搬はトラック輸送のほか、専用コンテナを利用した鉄道輸送も行っており、ご要望に応じて手配します。

回収物、リサイクル

ワイヤーハーネスを含む自動車シュレッダーダストや、電子機器類など金属を多く含む廃棄物を焼却することで、金属の混合物を取り出すことができます。
この混合物をグループ会社(オートリサイクル秋田)で選別し、鉄・銅・アルミニウムなどの金属別に製錬原料を回収します。
飛灰は銅・鉛製錬用のリサイクル原料とし、一部の灰はグループ会社(グリーンフィル小坂)の最終処分場で安全に埋立処分しています。


また、焼却過程で発生した熱エネルギーはボイラーで回収し、近隣のグループ会社(小坂製錬)の熱源や発電用に供給することで、エネルギーを有効活用しています。

お取引の流れ

  1. サンプル評価・処理方法の検討
  2. 見積・契約締結
  3. 引取日の決定、配車・運搬
  4. 受入れ・処理
  5. 処理完了・処理報告

お問い合わせ

処理のご相談は営業窓口のエコシステムジャパン(株)がお受けいたします。

廃棄物の種類・性状・数量・排出時期などの必要な情報をお知らせください。

お電話・FAXでのお問い合わせ

エコシステムジャパン(株)
SDリサイクル部(TEL:03-6847-7011 FAX:03-6847-7028)

<ホームページお問い合わせフォーム>
  http://www.ecosystem-japan.jp/contact/entry.php