エコリサイクル

エコリサイクル株式会社

会社情報

法人の名称

株式会社エコリサイクル

住所

秋田県大館市花岡町字堂屋敷30-2
TEL:0186-47-1001

代表者の氏名

代表取締役常務 谷口 浩治

会社の履歴(設立日、資本金、会社名や事業内容の変遷等)

平成11年7月15日
会社設立(同和鉱業㈱100%子会社)
平成12年3月
家電メーカー等増資
平成12年5月
家電リサイクル工場 竣工
平成12年8月
産業廃棄物処分業許可取得
平成12年9月
一般廃棄物処分業許可取得
平成13年4月
家電リサイクル法施行により本格操業開始
平成14年6月
第1種フロン類回収業者登録
平成15年11月
ISO14001認証取得(Registration No.:JMAQA-E-445)
平成25年8月
使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律(小型家電リサイクル法)に基づき、環境大臣及び経済産業大臣により再資源化事業者として認定
資本金
150百万円
株主
DOWAホールディングスグループ 67%
(DOWAエコシステム㈱、小坂製錬㈱、エコシステムジャパン㈱、エコシステム花岡㈱、エコシステム秋田㈱、DOWAテクノリサーチ㈱、DOWAハイテック㈱)
家電メーカー5社 33%
(シャープ㈱、ソニー㈱、日立アプライアンス㈱、㈱富士通ゼネラル、三菱電機㈱)

許可内容

事業範囲(取扱い産業廃棄物の種類明細、事業区域等)及び事業計画の概要

《廃棄物処分業許可内容》

(1)産業廃棄物:
許可番号:秋田県 00521071573
許可有効年月日:平成27年8月6日
中間処理(破砕・選別):廃プラスチック類、木くず、金属くず、ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず
(使用済み家電製品(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機)、パソコン等OA機器等)
(2)一般廃棄物:
許可番号:大館市 指令環第45号
許可有効年月日:平成28年3月31日
(3)中間処理(破砕・選別):
使用済み家庭用機械器具類及びその構成部材類(使用済み家電製品、OA機器等)

許可書の記載内容

産業廃棄物処分業許可証へ[PDF形式:111KB]

一般廃棄物処分業許可証へ[PDF形式:204KB]

産業廃棄物収集運搬業許可証へ[PDF形式:66KB]


施設及び処理状況

事業の用に供する施設の種類及び数量

受入保管設備

受入保管設備1,000平方メートルの屋内保管場(2棟)です。リサイクル原料として使用済み製品を保管します。


手分解設備

手分解設備テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、パソコン、OA機器等を人手により分解します(手分解処理)。


手分解設備「1人1台方式(セル解体方式)とライン方式を組み合わせ、きめ細かい手分解処理を行うことにより、有価物として回収する部材は全体の7割以上に達しています。


手分解設備冷蔵庫やエアコン等の冷却機器は、冷媒のフロンガスを専用装置にて回収します。回収したフロンガスはボンベに封入し、隣接するエコシステム秋田(株)にて高温破壊処理を行います。


破砕・選別設備

破砕・選別設備手分解で有価物を回収した後の残渣を、竪型衝撃式破砕機(処理能力6t/hr)にて破砕します。破砕後、磁力選別機にて鉄分を、手選別にてアルミニウム、ステンレス、銅等の非鉄金属を、それぞれ回収します。破砕時に発生するフロンガス含みの排ガスや廃プラスチック類等は隣接するエコシステム秋田(株)にて無害化焼却します。


施設の種類毎の処理能力、処理方法、構造及び設備の概要

当社における使用済み家電製品やパソコン、OA機器等の処理は、後に控えるDOWAグループの製錬所、中間処理(焼却)施設、最終処分場等と秋田県北部エコタウンの地で「環境コンビナート」を形成しているため、人手による解体処理(手分解)を主体としたシンプルな工程(手分解・破砕・磁力選別・手選別)から成り立っております。

当社はいわば、使用済み家電製品等から有価物を回収して再資源化するために、製錬所や中間処理(焼却)施設と廃棄製品を結び付ける「ハブ」(中継加工拠点)のような役割を担っています。すなわち、当社はリサイクル処理の「始点」に過ぎず、DOWAグループの各事業所において再資源化、あるいは無害化(適正)処理を経て初めて、一連の処理が完結することになります。

単なる「始点」といえども、その役割は大変重要です。製錬所や中間処理(焼却)施設で再資源化や無害化(適正)処理が確実に遂行できるような加工処理を施す必要があります。最も重要なポイントは「分ける」こと(分別)。分け方ひとつで、同じ部材が廃棄物にも有価物にもなり得ます。そして、種々雑多な廃棄製品を的確に「分ける」ためには、人手による解体処理(手分解)が最も有効なのです。

事業場全体の処理工程の概略

小坂製錬㈱を核としたDOWAリサイクルネットワーク

小坂製錬㈱を核としたDOWAリサイクルネットワーク

回収される金属一覧

回収される金属一覧

産業廃棄物の種類毎の最終処分までの処理工程(外部委託も含む)

処理工程概略図

処理工程概略図


料金

処理料金

・家電リサイクルの料金は、財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター ホームページよりご確認下さい。
 http://www.rkc.aeha.or.jp/

・その他 産業廃棄物
排出者様より事前にサンプル試料を御提供頂き、当社にて評価試験(手分解、破砕、成分分析、有価物・廃棄物の重量割合ならびに含有成分 等)を実施した結果に基づき、原則的に重量単価(1kgあたりの処理単価)にて御見積書を発行いたします。

見学受け入れ

見学受付時間

平日 月曜日~金曜日 9:00~12:00 13:00~16:00 (所要時間 約1時間)

見学可能人数

最大50名程度

  • 御見学人数が多い場合、複数グループに分かれての御案内をお願いすることもございます。
  • お一人様や小人数の御見学も歓迎致します。どうぞお気軽にお申し込みください。

見学申込受付

※御案内の準備の都合上、必ず前日までにお申し込みください。

株式会社 ドウワ・マネジメント・サービス 花岡地区センター 総務グループ(担当:長岐)
TEL:0186-47-1005 FAX:0186-47-1977
E-mail:erecycle@triton.ocn.ne.jp

その他特記事項

  • 当社は平成13年4月の「特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)」の施行を機に、秋田県北部地域に存するDOWAグループの鉱山・製錬関連の技術・人材等を活用して、使用済み家電製品やパソコン、OA機器等のリサイクルを推進し、地域経済の活性化および環境にやさしいまちづくりに寄与することを目的として、平成11年7月に同和鉱業(現DOWAホールディングス)100%子会社として設立されました。翌12年に家電メーカー6社(24年現在Bグループ5社)およびDOWAグループ6社の出資を得て、北東北3県(青森・秋田・岩手)の使用済み家電製品のリサイクル処理(再商品化)を中心に手掛けています。
  • 秋田県北部エコタウン計画(平成11年11月承認)の主力ハード事業(家電リサイクル)の担い手として、地域内はもとより地域間、広域的な資源循環型社会の実現を目指して様々な取組を展開しています。
  • DOWAグループの環境への取り組み(環境報告書)を公開
    http://www.dowa.co.jp/jp/kankyo/report.html
  • ISO14001 平成15年11月認証取得
このページのトップへ