エコシステム山陽株式会社


エコシステム山陽 環境への取り組み

環境方針

基本理念

エコシステム山陽株式会社は、地球環境の保全が人類共通の最重要課題のひとつであると認識し、社会的・公共的使命を自覚して、産業廃棄物処理事業を通じ、持続可能な社会づくりに貢献します。 エコシステム山陽株式会社は、事業活動の結果排出されるものの環境影響を常に認識し、その環境への負荷を低減し、またエネルギーをはじめすべての資源の有効活用に配慮した環境管理を行うことを誓約します。

活動方針

エコシステム山陽株式会社は環境マネジメントシステムを確立し、維持し、運用することによって環境管理の強化と環境保全を進めていきます。

  1. 環境目的及び目標の設定とレビュー
    エコシステム山陽株式会社は、環境目的・目標を設定し、その達成に向けた環境管理活動を推進します。また見直しにより継続的に改善を行います。環境管理活動の結果は内部監査や第三者機関の審査により点検します。
  2. 適応可能な法的要求事項及び当社が同意するその他の要求事項の順守
    事業活動に係わる環境関連法規・協定の順守と、環境保全のために要求される事項の達成と順守に努めます。
  3. 環境方針の周知と情報公開
    この環境方針は文書化し、従業員及び当社のために働くすべての要員に周知するとともに、一般の人にも要求に応じて公開します。また、環境管理の実施状況を必要に応じて公開します。
  4. 企業倫理の遵守と社内への浸透
    上記の環境への取り組みとともに、会社は公器であるという自覚を持ち、全従業員に企業倫理を周知し、社会規範を遵守します。

2016/4/1
エコシステム山陽株式会社   代表取締役社長 寺門 洋

目的と目標

  1. 事業活動に伴って排出するものの低減を図る
    1. 廃棄物・排ガスからの臭気対策
    2. 焼却灰類リサイクル促進
    3. 池へ流入する水の管理
    4. 排ガス品質向上
  2. 事業活動に伴って消費するものの低減を図る
    1. ペットボトルの回収
    2. ペットボトルキャップの回収
    3. ダンボール回収
    4. アルミリサイクル
    5. 灯油の適正処理
    6. 購買電力量削減
    7. 再生油使用量削減
    8. アンチモン回収率の向上

実施体制

温室効果ガス等に関する排出量削減目標

5年間でCO2発生原単位のマイナス1%
(平成24年度を基準として、平成29年度に△1%。CO2はエネルギー起因+非エネルギー起因合算)


従業員に対する環境教育・研修


低公害型建設機械の導入割合


熱回収の実施

当社は、廃棄物処理法施行規則第5条5の6、第2号、第3号に合致する設備を所有し、熱回収を実施しております。

このページのトップへ