リサイクルへの取り組み

廃棄物処理からリサイクルへ

廃棄物に対する考え方は、資源循環型社会の構築がキーワードとなっています。不法投棄などの環境問題は今なおくすぶっており、廃棄物の複雑化も進むなか、これらへの対応が求められています。

エコシステム秋田はこれらのニーズに応えるべく、DOWAグループの持つ高度な資源開発技術やノウハウ、そして新たなる技術開発の成果を取り入れつつあります。
「より高度な廃棄物処理へ」、そして「廃棄物処理からリサイクルへ」。エコシステム秋田は、より地球環境に貢献すべく様々な取り組みをはじめています。

金属リサイクル

電子部品のスクラップには、多くの金や銀が含まれています。DOWAグループではこれら「都市鉱山」から、有価金属を回収し、製品として再び市場に提供します。エコシステム秋田では電子基板等の金属含有廃棄物を破砕・焼却して原料化し、製錬所へ送っています。
さらには、低濃度PCBが付着した廃電気機器の処理後の筐体なども金属リサイクルを行っています。

金属リサイクル

金属リサイクル

金属リサイクル

金属リサイクル

金属リサイクル

金属リサイクル

フロン破壊処理

フロン破壊処理

フロン類は化学的に安定していることから、冷媒や溶剤として広く使用されていました。しかし、大気中で分解されにくく、オゾン層破壊の原因や温室効果ガスであることが判明しました。
エコシステム秋田ではフロン類を焼却により熱分解し、無害化する技術を確立しています。

低濃度PCBの無害化

PCBは化学的に安定し、絶縁油や不燃性が高いことから、かつてはトランスやコンデンサ等に使用されました。しかし、人体に有害であり地球規模の環境汚染をもたらす物質であることが明らかとなり、製造・輸出が禁止されたほか、2027年3月末までにPCB廃棄物を処理することが法律で定められています。
エコシステム秋田は低濃度PCB廃棄物の無害化処理施設として環境大臣の認定を受けており、国が推進するPCB対策に貢献しています。