BDFってなに?

BDFは、Bio Diesel Fuel の頭文字を組み合わせた言葉で、「生物由来の油を原料とする、ディーゼルエンジン用の燃料」を意味しています。

菜種など植物由来の天ぷら油からつくられたBDFは、全体として見れば大気中の二酸化炭素量を増加させない(カーボンニュートラル)ため、地球温暖化対策に役立ちます。

どう役に立つの?

リサイクルで天ぷら油がBDFに変身

バイオディーゼル燃料は、使い終わった天ぷら油をもとにつくった製品で、次のようなメリットがあります。

  • ごみを削減し、土や川や海をよごさない
  • 化石燃料の利用を減らすことで、温暖化防止に貢献する

化石燃料との違い

バイオディーゼル燃料も、化石燃料も、燃やすと二酸化炭素などの温室効果ガスを出すのは同じです。

しかし、バイオディーゼル燃料の原料になる天ぷら油は、菜種などの植物から取られた油で、植物は成長するときに二酸化炭素を吸収します。

そのため、全体としてみれば大気中の二酸化炭素は増加せず、これをカーボンニュートラルと呼びます。

どうやって作るの?

動画制作:岡山市バイオ燃料地域利用協議会


どこで使われるの?

ディーゼル(軽油)エンジンで動く、自動車や建設機械の燃料に使われます。

岡山市では、ごみ収集車や路線バスの燃料にも、使われています。

その他、ごみ焼却施設の着火燃料や、発電燃料にも、利用が広がっています。

家庭からの天ぷら油の出し方(岡山市)

岡山市の定める指定日に、資源化物として出してください。

手順

BDFくん
  1. 天ぷら油をこす
    – 高品質なBDFを作るのに必要な手順です
  2. ペットボトル等に入れる
    – 熱くない状態の油をこぼさないようじょうご等を使い移してください
  3. ボトルのキャップをしめる
    – 倒れてもこぼれないようキャプをしめてください
  4. 決められた日に資源化物として出す
    – 資源化物ステーションへ袋に入れずにお出しください

注意すべき点

回収できる油は、使用済み又は期限切れの植物系油で、サラダ油・なたね油・大豆油・ゴマ油・コーン油等の植物由来の油となります。

動物系のラード・バター、鉱物系の機械油・灯油等や水や異物の混ざった油は回収できません